事情があって外で働けないけど、収入を得て自由になるための道をブログでつづりたいです。

*

【育児つらい】イクメンを推奨してるくせに…【起業のきっかけ】

   

Pocket

 

このブログ書き始めて、
自分しか読んでないだろうな…
とか思ってましたが、
今日統計を確認したら
昨日と今日で7人も来てくれてました!
うれしいな^^
自分のことを知ってもらえたら、
ブログ読んでもらえやすいかな…
と思ったのと、
育児に行き詰まって
今日はかなりイライラしちゃったので
やっと子供が寝てくれたから
書きものしたくなって、
「私が起業を志したわけ」(プロフィール)…を書きたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

私は北関東ののどかな田舎町にすんでいる31歳の主婦です。
優しい夫とイヤイヤ期始まったばかりの1歳の娘と3人で住んでいます。

 

もともと結婚する前は埼玉県で仕事漬けの毎日を送っていましたが、
結婚願望にあこがれていた私にとって
大切な人と結婚して
二人の子供が宿って生まれて…
子育てをすることがとっても楽しみなことでした。

 

でも現実は、

 

毎日残業で子供に会えない夫…
休日も仕事の疲れが溜まって寝ている夫…

私は朝から夜まで話せない子どもと二人…
周りに頼れる人もいなくて
好奇心旺盛な我が子の初めての育児に頭を悩まされながら
イライラがつのって子供に怒鳴る毎日…

 

きっともっと大変な人は山ほどいる…
私が耐性がないだけなんじゃないか…
と自己嫌悪になって、

 

ママ友たちからLINEで届く、
子供に作った料理、
かわいく飾られた写真を見ながら

 

いつの間にか
子供のことを可愛がってるママ友たちと
子供を可愛いと思えない自分を比較してしまっていました。

 

子供を可愛いと思えたのはいつだっけ…
私、このままじゃいけない…

 

今は状況的に無理があるけど、

本当は
夫と協力しあって楽しく育児できるお母さんになりたい、
と思いました。

 

政府はイクメンを推奨してるけど、
実際は夫が子供といられる時間がほとんどない…

それがまかりとおっていて、
それが常識とされている
この社会ってなんなんだろう…

 

家事・育児の分担どころか、
寝る時間しか確保できない夫との生活…。

寂しい…

私だって働きたい…。
社会とつながりを持ちたい。
そう思って在宅ワークを始めました。

子供の寝ている時間を使ってコツコツと作業していましたが
時給100円にもならず…

 

そんな時に「ネットでの起業」について勉強して、
たとえ保育園に入れなくても
私も起業してちゃんとした収入を得て、

夫が働きすぎなくても大丈夫な環境を作りたいと思いました。

 

このブログでは、勉強したり実践したりしたことについて
書いていきたいと思っていますので、よかったら読んで頂けたらうれしいです^^

 

Pocket

 - 起業のきっかけ