事情があって外で働けないけど、収入を得て自由になるための道をブログでつづりたいです。

*

飛び込み営業の訪問販売が、売り込まずに仕事の話をもらった方法

   

Pocket

ぐずってた子供が膝の上で寝ちゃったので、
おろして我慢していたトイレに行ってきました。
たまには生理現象も我慢しなきゃいけない時がありますよね…

 

題名ですが、
私はもともと営業の仕事をしていました。
知らないお宅に突然訪問して

『ピンポーン、こんにちは〜〜』

って営業に行く訪問営業です。
とっても迷惑な存在だと思って、
萎縮しながら毎日断られてました。

でも、普通に商品の話を聞いてくれるお客さんなんて
なかなかいない…
入社したばかりで商品の知識も乏しく、
やっと商品のことを話せるお客さんに巡り会えても
質問されたら、

「あ、…えと、調べてきます、申し訳ありません。」

と、しどろもどろ…。。。

そんな時に社長がビジネス書をくれて、
「まずお客さんに自分を知ってもらおう」

と書いてあったので、手作りで自分史を作りました。

 

自分の小さな頃から今までのストーリー、
会社が出来た時の話…屋号の由来、
雑談をしてくれるようになったお客さんに見てもらっていたら
「そういえば、うちの◯◯が壊れちゃったんだけど、見てもらえない??」

初めてのお仕事の話でした。
そこから、色々なお客さんにも同じように実践したら
信用してもらえて、
徐々に商品知識もついて、
お客さんから紹介をもらえるようになっていきました。
訪問販売でコミュニケーションが難しいのは、
自分のことを知ってもらってないからです。

 

知らない人から突然商品の売り込みされても
嫌がられるのは当然で、
まずは「知ってもらうこと」が出来たら、
(もちろんそれには知りたいと思ってもらう)その次の話を
きっとネット上でのビジネスでも同じだと思います。
どんな人かわからないネット上のことで、
何かを始めようとしたら
まずは自分のことを知ってもらうところから…と思っています。

 

Pocket

 - 起業のためにすべき段階